クレジットカード現金化の口コミ評判比較【人気】

クレジットカード現金化の口コミ評判比較なら人気の当サイトへ

クレジットカードの審査に通らない理由とは

カードローンやクレジットカードに申し込んだけど、審査に落ちてしまったという人はたくさんいるでしょう。

そんな時には「どうして落ちたのか理由が知りたい」と思う人もいるはずです。銀行や消費者金融、信販会社などに直接電話をして聞いたら、教えてもらえるのではないか?と考える人もいるかもしれません。

そんなことを思う人はかなりいるようで、実際に聞いたことがある人もいます。しかし、なぜ審査に落ちたのかを聞かれた金融機関がその理由を答えることはありません。基本的に「当社の規定により審査をしておりますのでお答えできません」と断られるのが普通です

申込書の不備や間違い、長年の現金主義が審査に落ちる理由になる

クレジットカードの審査では、各クレジットカード会社の審査基準によって審査が行われます。その審査基準については各クレジットカード会社が公表することはありません。

クレジットカードの審査では申込者の年収や借入状況などの確認や本人確認が行われて、それによって審査に通るか通らないかが決まると思われています。しかし、審査に落ちる理由としては、意外なものがあります。

申込書に記入する項目が不備であったり、間違って記入されていたりすることでも審査に落ちることがあります。不備は申込書に空欄が多いことでもありますので、空欄が多くきちんと記入されていない申込書は審査に通らない可能性が高いといえます。

また、文字を間違うなど間違った記入も審査に落ちる理由となります。クレジットカードの申込書はよく注意しながら記入することが大切です。

さらに審査に落ちる理由としてあげられることに、これまでクレジットカードを作ったことがなくローンも組んだ経験がないという人は、完全にホワイトということになり、若い方なら問題ありませんが、ある程度歳を重ねた40代くらいの人になると信用がないことから落ちることがあります。過剰な現金主義は貸金業者からはよく見られないことも覚えておきたいところです。

実際の数字ではなくちょっとした工夫で審査に通る場合もある

クレジットカードの審査はシステム化されています。スコアリング方式を採用しているクレジットカード会社も多いので、その点を理解したうえでちょっとした工夫をすることで、クレジットカードの審査に通ることができます。

スコアリング方式という方法で審査が行われていますので、年収や居住年数などの数値を記入する項目については四捨五入ではなく、「4」以下の数値であっても繰り上げて記入するようにします。これは虚偽ではなく、そこまで正確な数字を求められているわけではありません。年収は年収が記載された書類を提出することはありませんので、大雑把な数字で構わないのです。

年収が少ない人は、もらっているあらゆる収入を含めて考えましょう。そして、四捨五入ではなく切り上げるのであれば、220万円なら300万円と記入するとよいでしょう。


換金クレジット