クレジットカード現金化の口コミ評判比較【人気】

クレジットカード現金化の口コミ評判比較なら人気の当サイトへ

クレジット現金化で気をつけたい二次被害

クレジットカード現金化を行っている業者の中には、不正行為などをしている悪徳な業者がいます。クレジットカード現金化業者の詐欺の手口はいろいろあり、利用者にはなかなか気付かないやり方で不正行為をしている業者が存在します。

「振り込め詐欺」は社会問題化していますが、実はクレジットカード現金化業者にも振り込め詐欺といわれる詐欺の手口があります。

「振り込め詐欺」といわれる詐欺を行っているクレジットカード現金化業者は、利用者にキャッシュバックをした後に「増額ができます」と持ちかけて再度振り込ませるのです。

このような悪質なクレジットカード現金化業者は、グループ形態になって一連の詐欺行為を行っています。

『振り込め詐欺』『紹介屋詐欺』『保証金詐欺』に注意

クレジットカード現金化の悪徳業者が行っている詐欺には、「振り込め詐欺」「紹介屋詐欺」「保証金詐欺」という3つの手口があります。

「振り込め詐欺」は、クレジットカード現金化を申し込んできた利用者にキャッシュバックを行った後に、「増額が可能です」などと持ちかけて「再処理が必要だから」という理由で、利用者がキャッシュバックで受け取ったお金を再度振り込ませる詐欺です。

「紹介屋詐欺」はその名の通り、「私どもでは審査に通らないため、審査の甘い業者を紹介しましょう」と言って消費者金融やヤミ金などを紹介され、借入金額の20%~80%を紹介料として取られる詐欺です。

「保証金詐欺」は、「このクレジットカードは現金化には使えない」とか「ブラック状態を解除するために保証金が必要」などと言って、保証金として多額の現金をだまし取る詐欺です。

「増額できます」とか「再処理が必要」などの誘導には乗らない

これらの詐欺の手口は悪徳なクレジットカード現金化業者に使われている方法です。クレジットカード現金化を利用する時にはしっかりと頭に入れておきたい手口です。

悪徳なクレジットカード現金化業者の詐欺に合わないためには、言葉巧みな誘導に乗らないようにすることが重要です。

「振り込め詐欺」では、すぐにキャッシュバックをしてもらい現金を受け取ったら、その後の「増額ができる」などという誘いには乗らないようにすることが大切です。キャッシュバックがされた後に言葉巧みに誘いがある業者は、何か怪しい企みがあると思った方がよいでしょう。

「紹介屋詐欺」の他の金融商品を勧めてくるクレジットカード現金化業者は、怪しいと思って間違いないでしょう。「保証金詐欺」は、信用情報や決済条件の変更はお金を支払うことでできるものではありませんので、そのことをしっかりと理解していれば引っかかることはないはずです。


換金クレジット