あまり追い詰められているならやらないほうがいい現金化

クレジットカード現金化の口コミ評判比較なら人気の当サイトへ

あまり追い詰められているならやらないほうがいい現金化

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、信販会社のカードの与信にはキャッシング枠とショッピング枠があり、そのショッピング枠で買い物をしたものを転売させる方法で現金を得るものです。

お金を借りたいけれど限度額いっぱいまで借りてしまって、枠がもうないという場合にでもショッピング枠が開いている場合があります。このような場合に現金を工面する方法として用いられる事が多く、大きな駅前では看板を持った人が座って居るようなことも多々見受けられます。

信販会社のカードを持っていればだれでも利用できる点で、ピンチの時のワンポイントリリーフには利用価値があるものの、すでに追い詰められて打つ手がない場合には、現金化は避けた方がいいのです。その理由は下記にあります。

もしあなたが、そのまま債務が返済できなくなり債務整理をすることになったとしましょう。そして、債務診断の結果、自己破産手続きが相当とされた場合になった場合には、正式な手続きで破産管財人が着く少額管財という手続きになる可能性が高いからです。

なぜならば、ショッピング枠の現金化は換金行為として免責不許可事由にあたります。通常であれば免責されないのですが、裁量免責といって裁判所・破産管財人が手続きを通して免責するのが相当と認められる場合には免責をしてもらえます。

もしあなたがショッピング枠の現金化をしていなければ、管財人がつかない同時廃止という簡単な手続で終わっていた可能性が高いのです。にも関わらず現金化を使っていた場合には管財人がつくことになり、通常の手続きより弁護士費用も高額となるばかりか、管財人に支払う費用として、20万円以上の出費がかかります。同時廃止の場合にはこのような出費は必要がないのです。

自分の置かれている事情を考えて、債務整理、特に自己破産をすることを念頭に入れて、ショッピング枠現金化を利用するかどうかは慎重に考えた方が良いと考えます。


換金クレジット

 

ブログ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: