クレジットカード現金化の口コミ評判比較【人気】

クレジットカード現金化の口コミ評判比較なら人気の当サイトへ

現金化と消費税

クレジットカード利用枠現金化を行う上で、重要な事は購入した商品代金に対する還元率です。還元率は、業者手数料、送料、振込手数料等を差引いた金額になりますが、その中金額には消費税が含まれる場合、含まれない場合とがあります。

 

還元率とは別に、消費税を差し引くケースもありますが、まったく消費税がかからない業者もあります。では、何故消費税がかかる業者と、かからない業者が存在するのでしょうか・・・。

理由は、商品販売の有無にありあます。カード利用枠現金化は、買い物し、クレジットで決済を行うことで、業者から現金を入手し、後払いで返済する方法です。しかし、現金化業者にも方法の違いがあり、商品購入時にキャッシュバック形式で現金を振り込む場合と、商品の転売という形で現金を手渡される買取型という方法があります。買取型は、俗に言う中古販売と同じ考え方ですので、商品を転売するときに消費税はかからないのです。

 

消費税は商品販売という手続きを踏む上で必ずかかるものです。ですから、消費税がかからないという業者は、買取専門店以外には、あえて消費者への還元率を高めるために消費税をかけていない業者といえます。つまり、業者にとっては不利益な事であっても、消費者にお得に利用いただけるようにする配慮になります。割と大手の業者にはこのサービスを提供しているようです。しかも大手の場合はJCBなどカード手数料の低いクレジットカードも利用可能ですし、商品が「情報」であれば送料もかからず、手数料の費用も良心的な価格で行っています。ただ大手でない業者の高い還元率を表記しているサイトには注意して下さい。


換金クレジット