クレジットカード現金化の口コミ評判比較【人気】

クレジットカード現金化の口コミ評判比較なら人気の当サイトへ

高収入を謳ったバイトでのクレジット現金化

クレジットカード現金化という存在も知らない人が、まったく関係のないところからクレジットカード現金化を利用することになってしまうことがあります。

クレジットカード現金化は既に他社で借入があって追加で借入をすることが難しい人や、お金が手元になくて困っている人などが利用することが多いものです。ここで紹介する体験者も仕事がなく、お金が手元になくて困っている人でした。

お金がなく仕事を探していた時に、SNSで「パチンコ店の仕事、未経験者歓迎、高収入」というアルバイトを見つけてすぐに登録しました。そして登録した業者からパチンコ情報をもらって、打ち子として仕事をすることになります。

預託金や情報料が必要と言われクレジット現金化をすすめられる

良いアルバイトを見つけたと思っていた矢先、そのアルバイトをするためには預託金や情報料が必要といわれ、業者に40万円を請求されます。アルバイトを見つけた時にはそんなことはまったく記載されていませんでしたので、体験者は驚いてしまいます。

仕事がなくお金が手元になく困っていたのでアルバイトを見つけて登録したのに、そんなお金を用意するなんて到底できません。そして、業者に「そんなお金はない」と伝えると、「クレジットカードは持っているか」と尋ねられました。

クレジットカードは持っていたのでそれを業者に伝えると、「クレジットカード現金化業者で融資が受けられる」と紹介されました。すぐに電話をして必要な金額を伝えると、クレジットカードの番号を聞かれて、商品を購入したら現金を渡すと業者から言われます。

業者から言われた通り、指定の商品を購入して業者に送付すると、即日に30万円が口座に振り込まれました。

預託金、情報料を支払ったが仕事の情報は理解できないまま次々にトラブルに発展

振り込まれたお金をパチンコ情報会社に振り込むと、仕事をするためのパチンコ情報をもらえました。しかし、その情報は理解できませんでした。

そのためアルバイトはできないまま、パチンコ情報会社からは次々に代金を請求されるようになりました。「年金を前借りしろ」とか「消費者金融へ行け」などといわれ、「もうやめたい」というと「600万円払え」と脅迫されました。

この体験者のように高収入をうたったアルバイト先から、クレジットカード現金化を利用するハメになるような事態が発生しています。求人の内容に説明のない預託金などを請求された時には、その時点で怪しいと疑った方がよいでしょう。


換金クレジット